肌の潤いを保つには努力が必要になってきます

肌の潤いを保つには何が効果的なのでしょうか

肌の潤いを保つには、年齢が進むにつれて努力が必要不可欠になってきます。お肌に良いとされる、プラセンタにコラーゲン、セラミドにヒアルロン酸。手軽にサプリメントや美容液で摂取するだけでそれは得られるものでしょうか。答えは「ノー」です。多少の効果を得られることは出来るでしょうが、それはきっと満足のいくものではないでしょう。加齢の進んだ肌は、そう簡単に昔のようには戻ってくれないのです。
では肌の潤いを保つには具体的にどうすれば良いのでしょうか。いくつか調べてみたところ、偏食を避け、栄養バランスを考えた食事を取る様に様し、炭水化物や糖質の取り過ぎないようにすること。睡眠時間をしっかりとること。こまめに保湿をすること。などがありました。

健康体になることが美肌への近道です

要するに特に特別なことをしなくても、毎日の生活習慣を見直せば自然と肌にも潤いが出てくるということです。確かにテレビで見る田舎のおばあちゃんの肌ってつるつるしていて、ブラウン管を通しても潤ってるのが伝わってきますよね。肌の潤いを保つにはおばあちゃんのような生活をすればいいのだろうと納得してしまいました。とは言っても忙しい女性はそうも言ってられません。そこでお薦めなのがホットタオルです。寝不足で酷いお肌もこれをすると復活してくれます。タオルを濡らしてレンジで温めます。火傷しない程度の熱さのホットタオルで顔を覆い1、2分温めます。次に氷水で顔を洗って引き締めます。これを2回繰り返せば驚くほど肌に潤いが戻り、化粧のりもばっちりになるのです。美容液やアイクリームなど色々試したのですが、ホットタオルはすぐに効果が出るので病みつきなのです。