肌の潤いを保つには洗顔と洗顔後の保湿に注意が必要です

洗顔において注意すること

肌の潤いを保つには、洗顔後の保湿が重要となります。
洗顔後の肌は非常にデリケートな状態で、少ない刺激でも保湿因子が奪われてしまうことがあります。
特にクレンジングなどを使った後は、天然の保湿因子やセラミドが肌表面から失われている状態です。
保湿ケアをおこない、肌内部の水分が流出してしまわないよう肌をいたわることが重要となります。
またクレンジングに関しても最低限の使用に抑え、洗顔のし過ぎにも気をつけましょう。
界面活性剤の多いクレンジングは、細胞間脂質を多く奪ってしまうので特に注意が必要です。
洗顔は極力刺激の少ない石鹸を使用し、界面活性剤を含む油分が多いクリームタイプやリキッドタイプには気をつけましょう。

上手な保湿ケアの方法とは

保湿ケアとして一般的に選択される方法は化粧水の使用です。
しかし化粧水を使用しても、保湿物質を補うことができないのでは、蒸発する水分を増やすだけで意味がありません。
必要となるのはセラミドを補う保湿ケアです。
セラミドの配合された保湿クリームを使用し、充分な保湿ケアをおこなって下さい。
その際に肌にクリームを強くこすりつけるような付け方や、保湿クリーム以外の化粧水や美容液を重ね塗りするのは避けて下さい。
ケア用品の重ね塗りは摩擦を起こしてしまうので、結果的に肌の負担となってしまいます。
保湿成分が高濃度で含まれているクリームだけの使用であれば、肌への刺激も少ないので充分に保湿ケアをおこなうことができます。
シンプルなケアだからこそ、肌への負担が少なくて済むので、肌の潤いを保つ結果に結びつきます。