2つの効果を実感できる美白の方法

40代を過ぎたら使用したい成分

40代を過ぎるとシミが目立つようになってしまいます。その理由はこれまでの紫外線のダメージが表面化するためです。40代を過ぎたら毎日美白ケアを行うようにしましょう。きちんと美白ケアを行うことで、できてしまったシミを改善することができます。また、これ以上シミができなくなるため、シミに悩まない肌を維持できます。
ではどのような美白の方法を毎日行えばいいのでしょうか。答えは非常に簡単です。ビタミンC誘導体が配合された化粧水を毎日使用することで、シミを予防改善することができます。ビタミンC誘導体とは、不安定な性質を持つビタミンCを安定化させたものです。美白の王様と言われるほどビタミンCは美白効果が高いですが、肌には浸透しません。ビタミンC誘導体であれば壊れず肌に浸透するため、非常に高い美白効果を実感できます。

ビタミンC誘導体の2つの効果

ビタミンC誘導体は2つの効果によりシミに働きかけます。1つ目の効果が、生成されてしまったメラニン色素を排出するものです。シミの原因は、肌にとどまり続けるメラニン色素です。そのメラニン色素を排出させてしまうことで、メラニン色素の色を薄めシミを解消していきます。
2つ目の効果が、メラニン色素の生成を抑制することです。メラニン色素が生成されてしまうのは、活性酵素が生成されることにあります。紫外線が肌に当たると活性酵素が生成され、それと同時にメラニン色素まで生成されてしまいます。ビタミンC誘導体は非常に抗酸化作用が高く、活性酵素の生成を抑制してくれます。そのため、メラニン色素も生成されず、根本的にシミを生み出さない肌にすることができます。